So-net無料ブログ作成
検索選択
山を走ろう ブログトップ
前の3件 | -

しっとり雨の南アルプス 鳳凰三山 [山を走ろう]

南アルプス鳳凰三山に行ってきました。
今年も黒沢組さんの山行に同行させていただきました。

去年の今頃、甲斐駒ケ岳に一緒に登らせてもらった時(日記甲斐駒ケ岳黒戸尾根)に、
黒沢組のみなさんが隣の山へ向かって「オベリスクー」って叫ぶのを
なぜ遊戯王の激レアカード巨神兵の名を叫ぶ?と思っていました。
おべりすく.jpg←ちなみにこれね。

今年はそのオベリスクに行くことになり、「鳳凰三山 オベリスク」をヤマレコで調べてみると…。
甲斐駒ケ岳も、南アルプス最高峰北岳もよく見えるらしい。楽しみ♪♪


山行当日は朝が早い。
山系親父さん(以降パパさん)宅に4時集合出発。
上州山楽走からの参加は4人。hotさん、しのちゃん、パパさん、私。

ワイパーが利かないほどの土砂降りかと思うと、雨があがってみたり。
お天気は一定せず。

5時 狭山SAで黒沢組さんと集合。
もう1台は現地青木鉱泉集合らしい。


そこから一路南アルプスへ。
お天気はイマイチですが、「南アルプス」の案内を見るとやっぱり気分がアガリマス↑↑↑。
CIMG2920.JPG
hotさんのメガネは...度がなかなかですな( ̄m ̄* )

途中、雲が切れて大きな虹が出てました。
市街地から立ち上がるふもとがはっきり見える程くっきりした虹。
お天気が回復するといいなぁ。

韮川で高速をおり、青木鉱泉へ向かいます。
途中コンビニで食糧買出し。

【青木鉱泉】
駐車場で同行する皆さんとご挨拶。「お久しぶりです」
CIMG2921.JPG
登山口へ向かいます。
CIMG2928.JPG


青木鉱泉から鳳凰三山への登山道は2つ。
CIMG2929.JPG
案内板を右へ 「ドンドコ沢登山道」を登るコース。
案内版を左へ 「中道登山道」を登るコース。
今日は中道を登るので左に進みます。7:40am頃


まずは沢を渡ります。                            photo by hotさん
P9020676.JPG


【中道登山道入口 案内】8:06am
Marge001.jpg
おや?所要時間 4時間半⇒6時間半と書き換えた人がいるみたい。
苦労して登って、4時間半じゃないじゃん!て腹がたったんでしょうねー。


まずは樹林帯。
登り始めの30分ってほんとにきつい。
私は滝汗体質なのですぐに汗びっしょり。
CIMG2940.JPG


今日はあいにくのお天気。
どうやら山にどっかり居座る雲の中に入ったらしく、細かい霧雨が振り出しました。

【案内】9:19am
CIMG2944.JPG
3分の1通過。
案内では所要時間1時間半のところを1時間ちょいで登ってます。

雨でしっとり濡れた高山植物はほんとに綺麗。
青木鉱泉から観音岳まで一気に上るので植生がめまぐるしく変わり見飽きませんでした。

先頭は組長、吉○子さん、パパさん、私。の4人。
CIMG2946.JPG

パパさんは高山植物に詳しく、小さな花を指差しては「○○」「▲▲」と教えてくれます。
CIMG2956.JPG
一生懸命覚えようとするんだけど。
次々に名前が出るので次々に忘れます。どうにかしないとー!

【案内 御座石】10:11am
CIMG2957.JPG
3分の2通過


CIMG2958.JPGCIMG2962.JPG
あー!組長がつぶれてしまうー。            みんなで持ち上げろー。お約束ですな♪


またまた植生が変ってきました。樹木が変な形。
しゃくなげも多いようです。春も綺麗でしょうね。    photo by hotさん
P9020685.JPG

ムーミン谷みたいな雰囲気。               photo by hotさん
P9020687.JPG
木に変な藻みたいな植物?がついてるんですよね。

ところで。
上州山楽走Tシャツの左肩には「鶴舞う形の群馬県」がプリントされています。
「あ!上毛カルタ!」と、目ざとくみつけた登山者がいました。

「太○から来てるんです」   太○は私の勤務地です。へー奇遇。
「私邑○です」と答えると。
「邑○の郵便局で働いてます」と答えるではないですか。

まさか鳳凰三山で勤務地⇔居住地の同じ人に会うなんて。
すごい偶然~。楽しくなってしまいました。

CIMG2970.JPG
ついに雨が本降りに。
「誰かが犠牲になってカッパを着れば雨はやむんじゃない?」とここまでカッパ無しで登ってきましたが。
さすがに限界。全員でカッパを着込みます。

↓この草みたいな植物もツツジの仲間。不思議。                          photo by hotさん
P9020694.JPG

【薬師岳】2,780m
薬師岳山頂に登頂。
残念ながら真っ白で視界はなし。
Marge001.jpg
イルカみたいな岩が空に向かってました。
どこだっけ?違うの山にもあるよね。

薬師岳までの登山道は下山してくる登山者とたくさんすれ違いました。
この時間に下りて来るってことは山小屋泊なんでしょうね。うらやましい。



【観音岳】2,840m 11:39am
CIMG2993.JPG
観音岳からは、晴れていれば北岳がよーく見えるのだそうだ。
今日は残念。


こんなオブジェみたいな木もあります。生きてます。
CIMG2999.JPG


誰かを待ってます。
CIMG3001.JPG
来た来た~♪♪
CIMG3003.JPG


こんなの 見ながら歩くのも楽しい。
Marge001.jpg


                                   photo by hotさん
P9020714.JPG
岩の割れ目に咲くホウオウシャジン
CIMG3032.JPG
ずっと歩いてたいなぁ。
CIMG3051.JPG



地蔵岳の名前の由来かな?
小さなお地蔵さんがたくさん
CIMG3056.JPG

                              photo by hotさん
P9020723.JPG

オベリスクがうっすら見えてきました。     photo by hotさん
P9020724.JPG

【地蔵岳】12:50pm
CIMG3060.JPG

組長がオベリスクの方へ行ったみたい。
hotさん、吉○子さんと後を追います。
CIMG3068.JPG
すぐに、道も組長も、見失い
CIMG3071.JPG
「どこどこ?こっち?組長ーっ!」と呼ぶと、
元いた下の場所から「もう降りたよー」との返事が。

オベリスクに登るのはあきらめて記念写真だけ。
CIMG3074.JPG
オベリスクを前に。吉○子さんと「やまちゃーん」

地蔵岳の岩陰で風をしのいでお昼を食べましたが。寒くて寒くて。
指がかじかんで、まともに動きませんでした。

あまりに寒いのでさっさと下ることにしました。
地蔵岳直下はざくざくの砂。雪の上を滑るように降ります。
トレランシューズはどろどろ。

【鳳凰小屋】13:30pm
鳳凰小屋は野草や花に囲まれたかわいい小屋でした。
Marge003.jpg


ここのオヤジさんは面白い人らしいです。
Marge002.jpg
吐く息が白い。動きを止めると寒い。
お手洗いは150円。



CIMG3080.JPG
満開。


ここからドンドコ沢登山道を下ります。
途中たくさんの滝があるらしい。楽しみ。

【五色滝】14:18pm
CIMG3110.JPG
すごい落差。
Marge05.jpg

【白糸の滝】14:40pm
今日は水量が多くて白糸というより…….うどんのようだった。

下山はどうしてもかっ飛んで走ってしまうので、写真がない。

【青木鉱泉】17:00
CIMG3132.JPG
純和風な建物。泊まってみたいなぁ。


パパさんの畑でとれた黄色スイカをいただいた。
CIMG3135.JPG
ラン後のスイカってほんとにおいしい。
奥武蔵ウルトラマラソンのエイドでもイチバンおいしいって感じたのは”冷えた”スイカだったな。


お風呂は700円。
だーれも居なかったので女風呂を撮ってみた。こんな感じ。
Marge006.jpg

小仏トンネル渋滞の情報を聞き、群馬チームは上信越まわりで帰ることにしました。
黒沢組さんとはここでお別れ。寂しいわぁ。

帰りの車の中のおしゃべりもすごく楽しかったです。
アルプスは遠いけど車中ゆっくり話せていいですね。

パパさん運転ありがとうございました。
Hotさんしのちゃん黒沢組のみなさん お疲れ様でした。
今度はお天気のよい日に行きましょー。
ありがとうございました。

あ、そうだ。
富士登山キャンセルしちゃってごめんなさいねー。
タグ:鳳凰三山
nice!(4)  コメント(5) 

榛名五岳♪  水沢山⇔榛名湖周回 [山を走ろう]

つるこさんに声をかけていただいて
HRC(hoshino running club)のモギモギさん主催
【トレイルランニング練習会】水沢観音~榛名湖周回に参加してきました。

走行距離25km 累計標高1575m 予定所要時間8時間の予定。


水沢伊香保周辺は低山だし、25kmくらいならー楽勝じゃね?
8時間はかからないよなぁ。6時間くらいじゃないのかなぁ。
と、ちょいとなめてかかってました。

9時に水沢観音集合。
「初めましてー」とご挨拶してさっそく水沢山へGO!
まずははいパチリ
【水沢観音】
CIMG1945.JPG
つるこさんはいつもおっしゃれねー。同じウエア着てるとこを見たことないです。

「水沢山頂まではアップ代わりにゆっくりのぼりましょう」の声に、ほ♪

新緑の水沢山は綺麗です。
去年の大地震の傷跡も消えたんだな。
CIMG1946.JPG

水沢山の偽ピーク。お地蔵さんが並びます。
ワンコ連れてる人がいました。いいなぁ。ワンコと登れるの。
CIMG1950.JPG

さて、偽ピークを後に本当の山頂へ向かいます。
ここから少し走ります。
                    photo by モギモギさん
IMG_20120520_102100.jpg

つるこさんがアクシデントで途中リタイアすることに(涙
つるこさんとHMさんの2人は水沢山頂からUターン。
モギモギさん・えももさん・さ◎う君・私の4人で先へ進みました。


今日の予定は
水沢観音→▲①水沢山1,194m→オンマ谷→▲②相馬山1,411m→▲③天目山1,303m→▲④氷室山1,240m→榛名湖半周→▲⑤榛名富士1,393m→榛名湖ビジターセンター→つつじの道→ワシノ巣風欠→伊香保森林公園管理棟→つつじヶ丘→▲⑥水沢山→水沢観音

【①水沢山頂】1,194m
次に目指すは相馬山。
え!あれ?あそこ?けっこう遠いね。                              photo by モギモギさん
IMG_20120520_104339.jpg
水沢山を反対の榛名方面へ下ります。


【オンマ谷】
涼しい風の吹き出す風穴があります。
CIMG1953.JPG
ここで1回目の小休憩。

相馬山登山口は真っ赤な大きな鳥居。
ん?黒髪山神社?相馬山=黒髪山神社なんですね。
前にハセママとしのちゃんが行ってました。
ここ来たてみたかったのよね♪
CIMG1954.JPG


赤い鳥居をいくつもくぐり、本格的な登山口からはかなりの激登。
四つんばいになってガシガシ登ります。
鎖・梯子もあります。
               photo by モギモギさん
IMG_20120520_120909.jpgCIMG1957.JPG


【②相馬山頂】1,411m
激登のち山頂。
ハイカーさんが多かった。小さい子もいました。
メジャーな山なんですね。
あの急登を登ってきたのすごい。
                              photo by モギモギさん
IMG_20120520_122351.jpg
CIMG1960.JPG



山頂には三体の石像が祭られてます。
なにの神様だろな?黒髪の神様なのかな?
CIMG1964.JPGCIMG1963.JPGCIMG1965.JPG

相馬山から下りたところで今日のコース1/3地点。
CIMG1966.JPG
8.26km 約3時間だって。けっこうかかってるね。


相馬山を下り、次は天目山へ。
CIMG1970.JPG
ここも「関東ふれあいのみち」なんですねー。
相馬山、下から見上げるといい感じの稜線で(尾根をかっ飛ばせる♪)と取り付くと。
意外な伏兵の返り討ちにあいました(涙

CIMG1973.JPG
いやぁ。かいだんキライ~(涙
たいしたことないように見えるんだけど、これがもー。
だらだらだら続くんですよぅ。

疲れててもカメラ向けると変なポーズ(笑 カラ元気。
CIMG1979.JPG

【③天目山】1,303m
山頂のシルシしょぼくない?
字が見えなーい。眺望もいまひとつ。
階段で疲れきってしまった。
CIMG1980.JPG

【④氷室山】1,240m
ここも眺望はいまいち。
休憩の時間が増えてきました。
CIMG1982.JPG

氷室山から榛名湖へ下る途中。
湖がひらけます。
CIMG1983.JPG


ここでお昼休憩。
これから榛名湖半周してあの榛名富士に登ります。
左側から登って右に下りるんだって。
CIMG1985.JPG

榛名富士登山口
さー最後の山だ。がんばるぞ!
                                           photo by モギモギさん
CIMG1991.JPGIMG_20120520_154111.jpg
                          榛名富士、土が黒いです。

【⑤榛名富士山頂】1,393m
CIMG1995.JPG
相馬山は形が特徴的なのでどこからでも一目でわかりますね。
左の二ツ岳の裏に水沢山は隠れてます。まだまだ遠いぞー。

榛名富士は普通の人はロープウエイで上がれる山です。
ではでは、下に見える駐車場までノンストップで走りますよ。
                                      photo by モギモギさん
IMG_20120520_160202.jpg

はい到着。ここのくだりは気持ちいいね。
榛名富士ロープウエイの榛名高原駅。
あの上から駆け下りてきたのねー。
CIMG2003.JPG

榛名湖周辺はまだ八重桜が咲いてました。
CIMG1997.JPG
お馬さんものんびり
CIMG1998.JPG
しかし!私たちにはのんびりしてる暇は(あまり)ない。
といいつつここでトン汁300円。具たくさんでおいしい!お得!


そろそろ帰りを急がねば。
後半は下り基調。
いつものように、なんとなく前へ出て先頭で走ります。
                              photo by モギモギさん
IMG_20120520_171816.jpgIMG_20120520_172625.jpg
クダリを飛ばしてみたり、登りで泣いてみたりしてたら、両足とも終了。

最後の水沢登りがきつかった。いや、どの登りもきつかった(涙

やっと戻ってきた水沢山頂。
ノートになにやら書き込むモギモギさん
CIMG2013.JPG
こんなもん書いてましたで。↓私も連名♪
                              photo by モギモギさん
IMG_20120520_183219.jpg


水沢山頂を後にしてすぐ日暮れを迎えました。
やばい!ヘッドライト車の中に忘れてきたのに!
                                        photo by モギモギさん
IMG_20120520_183910.jpg

山陰になりあっという間に薄暗くなっていきます。
暮れゆく水沢山を問答無用のノンストップで走り降りました。
だんだん足元が暗くなって木の階段がぼんやり浮かび上がる。怖い!
                        photo by モギモギさん
IMG_20120520_190308.jpg
最後はまっくら。
あやわナイトランになるとこでした。

駐車場着 19時頃。
                              photo by モギモギさん
IMG_20120520_191350.jpg

所要時間9時間半。
試走でこんなに暗くなっての初めてかも。しびれました。


つるこさん お誘いありがとうございました。
モギモギさん、えももさん、HMさん。さ◎う君。
今日はありがとうございました。
また一緒に走りましょう♪♪

このコース次に走るとしたらスタートを7時くらいにしますかね~。

同じ日のモギモギさんの日記は⇒こちら



nice!(3)  コメント(4) 

アタック!二千階段 [山を走ろう]

初夏のように暑くなった4月28日(土)
たかやんプレゼンツ藤岡桜山・二千階段・御岳コースを走ってきました。
メンバーはたかやん・ACバンタムさん・新月ちゃん。と私。

新町駅でバンタムさん、たかやんを拾い、桜山温泉センターで新月っちゃんと9時半ごろ合流。
さっそく桜山へ向けてロードを走り出します。
と、進行方向からランナーさんがこちらへ向かって走ってきます。
むむむ、速そうな走り。

つむじ君でした。(そりゃ速えーよ)
桜山を走ってきたそうです。これから10km家まで走って帰るんだって。がんばってますねー。

【桜山ハイキングコース入り口】
9:56am
CIMG1881.JPG

入り口の案内板。
地図も置いてあります。
案内地図によると八塩温泉→桜山へは歩きだと所要時間約3時間の行程。
さて、ランだとどのくらいでいけるかな。
CIMG1883.JPG

スタートしていきなりの登り。
神流の群馬銀行を折れたところみたい。
今日は登り特訓錬なのです。がんばるぞ。

10:18am
あっという間にいっぷく平を越え、弁天山展望台。
右手に見えるのは児玉町の○○山。
CIMG1885.JPG

つつじの咲き始めた道を走ります。
CIMG1892.JPG

【桜山】
11:02am着。
1時間で桜山に着きました。ハイキングの3分の1くらい?
桜は見ごろを過ぎ、はなびらじゅうたんになってます。

走るバンタムさんを超低いアングルで狙う新get's。それを撮るたかやん。それを撮る私(笑
CIMG1896.JPG

綺麗に整備された庭園もあります。

メグミルク 3人組みになりましたでー(笑
                                        photo by 新get's
RIMG0123.JPG

庭園から見えるおっぱい山。
手前が東みかぼ、奥が西みかぼ。

うーん、足利から見えるおっぱい山とは角度が違う。
「ひだりちち(東みかぼ)から見てる感じ?足利からだとみぎちち(西みかぼ)か見えないよ」
と昼間っからでかい声で「乳・乳」とさわぐ4人。
CIMG1901.JPG

桜山頂上に向かいます。
ここはさくらのトンネルで綺麗だったー。
CIMG1903.JPG
頂上への階段はぐるじがったー。


桜山を後に、向かいの山里へロードを走ります。
ゆるい登りが続きます。オクムもこんな感じなんだろかー。

里山から振り返るとさっきまでいた桜山。ほんわり桜色。
CIMG1907.JPG

里山抜けると九十九折の登り。
やっぱり登りはつらい。遅い。
3人にはついていけません。ずるずる遅れながら必至で登ります。

次は二千階段!地獄が近づきます(笑
                                        photo by 新get's
RIMG0130.JPG
RIMG0133.JPG
RIMG0134.JPG
RIMG0136.JPG
かあちゃん茶屋まで激下り、底を打ったところが二千階段の入り口。

入り口は藤棚になってます。
地獄の入り口は天国のように飾ってあるわけですね。
CIMG1909.JPG

こ~んな癒し系の石像も。
CIMG1910.JPG

これが地獄の第一歩め
CIMG1913.JPG

みんな走ってるし!
まじか!人間なんだろか。
CIMG1914.JPG
上から「900段だよ~」と声がします。
                                        photo by 新get's
RIMG0139.JPG
ゼーハーゼーハーなんかもー。残り600登れんのかしら。

登ってしまえばあっという間。
気温が高くて遠くの山はかすんでます。
ぐるぐる向きが変わるのでどっちを向いてるのか東西南北がイマイチわからなくなってしまいました。
正面にうっすら榛名山が見えてるらしい。
CIMG1916.JPG

二千階段の山頂は子王山なんですね。
CIMG1918.JPG

激登りのあとは激くだり。
写真じゃ伝わらないんだけど、すごーい傾斜。
CIMG1920.JPG
残り500段を下ります。
二千階段はかあちゃん茶屋から行くと1500段登って500段下るのです。



二千階段のあとはたかやんいわく今日のメインディッシュ「御嶽コース」
たかやんも初めてなんですって。
どんなコースなんだろ。楽しみ♪♪

御嶽コースは踏み跡がほとんどなく、案内も落ち葉に隠れてたり、見落としたり。
道迷い可能性大のアドベンチャーコースでした。



入り口入ってすぐに小さいな沼があり、覗くと↓     わかる?よーく見て。
CIMG1922.JPG
うじゃうじゃのおたまじゃくし!
過密度300%くらいです。 photo by 新get's
RIMG0146.JPG

御嶽コース「龍背」がおもしろかった!
ほんとに龍の背のように左右が崖で細いシングルトレイル続きます。

野生の動物の糞が同じ場所にたくさんあって、どうやら「トイレ」のようでした。
なぜわざわざ人の通るここで?と思ったけど。
崖の傾斜がきつくて動物でもふんばれないのかも。

御嶽山頂。
信仰の山なんでしょうね。
CIMG1924.JPG
CIMG1925.JPG

相変わらず続く龍の背。
かなり怖くて4人ともだんだん変なテンションになってきました。
初めてのコースに行くのも楽しいです。
しかもそれが思った以上に怖いコースだと、特に。
一人じゃ怖くていけないなー。


くだってくだって塩口登山口に出ました。
CIMG1926.JPG

ここから、桜山温泉センターまでロードを走りました。

部活帰りの中学野球部の集団が自転車を押して登る横を走りながら抜いちゃう私達。
たかやんが抜き、しばらく後ろに私が続いた時、
「あの人筋肉すげー。見てみて」と中学生から感嘆の声が。
本人には聞こえてないようでしたけど。

坂を登りきった中学生はくだりを自転車ですいすい下っていきます。
と!中学生の自転車に抜かれたたかやんが追いかけだした!
逃げろ中学生!
追いつきそうになったとき左に曲がって逃れてましたwww
つかまったら食われてたかも。

後のロードはきつかったなー。根性なしなんだな私。
桜山温泉センターにゴール!
全行程27.5km 5時間25分。

桜山温泉で汗を流し、深谷駅に移動して、第3回ヨモヤマ会。
私今のところヨモヤマ会皆勤賞です。
ずっと続けたいですねー。


たかやん案内ありがとー。
バンタムさん新月っチャンおつかれさまでした。
すっごい疲れたけどすっごい楽しかったですね!

おなじ日の新月っちゃんの日記は → 2000怪談(階段)里山トレイル☆
nice!(2)  コメント(6) 
前の3件 | - 山を走ろう ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。